なつめ椰子(デーツ)物語

エジプトでは、文明の初期の市民の生活ぶりが、紀元前数千年前の巨大なピラミッドや
スフィンクス・神殿の中で描かれ、その片鱗をうかがうことができます。
石の彫像やレリーフ等にまざまざと描かれているのですが、それが現代と変わらない
人間らしさをあらわしています。
それらの中で宰相ネフェル・セシェム・セシャトの彩色レリーフという高さ40センチ、幅1メートル程度の1対のレリーフ像があります。
宰相の墓の壁面を飾る彩色レリーフの1部で、紀元前2400年前後の エジプト古王国第3王朝時代のものということです。
それぞれ供え物を捧げる5人の男たちが、なつめ椰子の葉と笏とを手にもち先頭にたつ監督のあとに従って、前進している様子が描かれています。

また、なつめ椰子については、キリストが布教を終えエルサレムに入城したとき、民衆は、木の枝を道に敷いて歓迎しましたが、これがなつめ椰子の葉だったという記録もあります。

現代でもキリスト教徒たちは、復活祭直前の日曜日をパームサンデー(palm sunday:枝の主日)と呼び、なつめ椰子の葉を手にして礼拝し、次の水曜日には復活の象徴ともいわれるその葉を燃やした灰を額にすり付け、肉体は灰に帰してもやがて復活する日を信じる儀式(灰の水曜日)をし、次の日曜日の復活祭を迎えます。

因みに、なつめ椰子のない日本では、蘇鉄の葉を使います。

なつめ椰子は生命の木とも呼ばれ、砂漠のオアシスのように厳しい環境の中でも成長し、いつも緑を絶やしません。そのもともとの名の「フェニックス」が示すように、不死の象徴・勝利の象徴とも言われ、ギリシャやローマでは競技の勝利者の冠などに使われ、ローマの軍隊が行進するときは、列の先頭にこれを掲げたそうです。

エジプトの王たちの墓には、川のほとりに実をたわわに実らせて立ち並ぶなつめ椰子や、大きな器の中になつめ椰子の実を山盛りにして運ぶ人々の姿を描いた壁画が残されています。

蜜のように甘く、栄養に富むなつめ椰子の実(英名デーツ)は、同時に富・繁栄の象徴でもありました。

モーゼは神から蜜とミルクの流れる国を約束され、イスラエルの民を豊かなエジプトの国から長い厳しい旅に導き出しますが、蜜とはなつめ椰子の実(デーツ)のことではないかと考えられています。


実際にデーツから取り出されたエキスのシロップは、デーツハニーと呼ばれ、トーストやケーキに蜂蜜同様使用され愛用されています。

また、砂漠を旅するキャラバンは、ほかに何もない砂漠を何日もデーツ(なつめ椰子の実)だけを食料にして旅したといいます。

月の砂漠を行く王子様の金の瓶には、デーツが入っていたに違いありません。
王女様の銀のかめは、多分、水だったでしょう。
これさえあれば、どんなに遠い城へもたどりつくことができるのです。

デーツは、砂漠の民ベドウィンの大事な主食でもあります。
映画アラビアのロレンスでは、ロレンスよりも何分も前に砂漠の地平線の彼方から来る人を見つけ、敵か味方かを見分けるベドウインが登場していたと思います。
その驚くべき視力の秘密はデーツにあるのでしょう。

因みにロレンスはデーツが大好物だったそうです。

ベドウィンが視力・聴力などの身体機能に優れ、スリムで癌にもかからず健康に恵まれ長寿を楽しんでいるのも、彼等が日頃口にするデーツがその一因であると考えられています。

文明の発祥の当初から人々の生活と健康を支えてきたデーツは、
ミネラル・食物繊維・ビタミンなど現代に生きる人々に最も求められている栄養素を たくさん含み、
防腐剤などの添加物をまったく用いず芳しいおいしさをいつまでも保っていることから、
自然食志向・健康美容志向の現代的観点からも見直されてきています。

中東や欧米では日常的に親しまれているこのデーツも、日本ではほとんど知られておらず、
特に本場オマーン産のものはなかなか簡単には入手できませんでした。

しかしやっと最近になって、当社がオマーン産デーツの輸入をはじめ、
東京のスーパーでも見かけることができるようになりました。

まだ店頭での購入は東京地区に限られていますが、Netからの入手もできます。

デーツTOPへ



Netscape Navigator4以上、またはInternetExplorer4以上推奨

(株)アルト
 −ARTO Corporation−
office : 12-2-103 Kumanocho Kawagoe-shi,Saitama,Japan 350-1146
mail : info@arto.co.jp
このホームページに掲載されているすべてのコンテンツ
(記事・画像データ等)は株式会社アルトの
承諾なしに無断転載することはできません。
Copyright(C)1997-2018 ARTO CORPORATION All Rights Reserved.